富山市の家族葬について

「家族葬」とは、一般的には「少人数でとり行うお葬式」と認識されておりますが、基本的には小規模でありながらも、宗教的な儀礼(通夜・ご葬儀)を執り行う形式です。
(直葬(火葬のみ)では宗教的儀礼を行わないことがほとんどです。)

一般的なご葬儀とは異なり多くの会葬者に応対する必要がなく、基本的にはご家族を中心とした親族、親しいご友人などの少人数でゆっくりと故人を偲びながらおくることのできるご葬儀のことを言います。

さまざまな形式にとらわれず、故人にふさわしいおくり方ができるのも家族葬の特徴の一つと言えます。


メモワールしらゆりでは基本的な6つの家族葬プランもご用意させていただいておりますが、プラン外の家族葬もご要望に応じて対応させていただいております。

「祭壇を使用せずに棺のまわりをお花で囲んでおくってあげたい...。」、「足が不自由な父親にも親族控室で最期のお別れをさせてあげたい...。」などといったお客様の声を大切にし、プランには無いオリジナルプランで、できる限りのお手伝いをさせていただいております。

家族葬では、費用も平均葬儀費用より安価に行うことが可能です。

メモワールしらゆりのオリジナル家族葬プランのページ

【富山市における家族葬の会葬者数】
富山市での家族葬に参列される平均人数は、各葬儀社で説明が異なっております。

富山市の葬儀社の多くはあくまで「家族だけでとり行うご葬儀・お葬式」としており、親族が会葬される場合は「親族葬」や「一般葬」と説明することが多くなっています。

「メモワールしらゆりの家族葬」とは、ご家族の気持ちを尊重し、参列人数や何親等かでは計れないものとして、「ご家族を中心としたごく親しい方々で見送るご葬儀・お葬式」と考えております。

メモワールしらゆりで承った富山市での家族葬の平均会葬者人数は、おおよそ10~30人となっています。

【富山市の家族葬の費用について】
こちらについても、富山市の葬儀社では各社で価格に大きく幅がございます。

富山市の家族葬は多くの場合、50万円前後からとなっており、おおむね富山市の平均葬儀費用163万円(出典:経済産業省「平成26年特定サービス産業実態調査」)の半分以下の負担で行うことが可能です。
(但し、お布施は除く)

⇒詳しくは「メモワールしらゆりの家族葬プラン費用」
 
⇒お布施に関する詳しい説明はこちらをクリックしてください。


【富山市の家族葬の現状のデメリット】
テレビ等のメディアの発信により「家族葬」という言葉だけが先行してしまい、独り歩きしているのが現状です。

何となく小規模であまり費用がかからないのが「家族葬」と認識されている方も多くおられます。

事前相談などでも「家族葬のデメリット」をご説明をさせていただくことがあります。それが次のようになります。

①新聞のおくやみ欄の掲載も葬儀後に「葬儀は終了しました」と告知するため、それを見て知った故人とお付き合いがあった友人・知人、会社関係の方、ご近所の方などが自宅に弔問されることが多々あります。

結果、数日間は家を空けられない状態になることになります。

②ご葬儀の費用面では、一般的なご葬儀と異なるのはご会葬者の「香典」が無いことです。

通常の一般葬においては、会葬者数が多くて「香典」でご葬儀費用を支払うことができたといったケースはよくあることですが、「家族葬」ではいわゆるプラスになる部分がないためにそういったことにはならず、かかる葬儀費用はすべてご当家のご負担となります。

③「ご家族とごく親しい方々でおくる」場合、どこまでのご親戚にお声かけをするか、友人・知人のどこまでお声かけをするかでトラブルになることがあります。

ご葬儀終了後に新聞の告知「葬儀は終了しました」で知った方から、「何故、知らせてくれなかったのか?」と問われることがあることを何度かお聞きしたことがあります。

大切な方に声をかけなったことの後悔や申し訳なさもこの先ずっと残り続けますので、お声かけする範囲には充分配慮することが必要になります。

葬儀社によってもご葬儀のプランや費用やスタイルもさまざまです。

どのような会場でどのようなお式をするのかをイメージするためにも事前の見学や相談をしておくことをおすすめいたします。


【富山市の家族葬の注意点】
①ご自宅にご安置する場合には、何らかのかたちで隣近所には必ず知れてしまうことになります。

弔いに来られる前に"家族葬"でおこなうことをあらかじめ、しきぶり(訃報案内)や口答でお知らせする必要があります。
参列をお断りする場合にはそのこともしっかりお伝えし、理解を得ることが必要です。

②香典や供花や篭盛や弔電などをお断りする場合もその旨を文章や口答で意思を伝えることが必要です。

先方にとっても親切なことになります。
どちらつかずで先方が「弔問や香典はどうしたらいいのだろう?」と迷うような告知は避けなければなりません。

特に喪主となる方が会社勤めの場合、勤務先の会社を身内に不幸があり休暇を取ることから、必ず訃報の報告をしなければなりません。

ご葬儀後も毎日顔を合わせることになりますので、ご葬儀のスタイル・意思をしっかりと伝えることが必要となります。

③ご葬儀を家族葬でおこなった翌日、新聞社各社に「葬儀は終了しました」と掲載する場合には、訃報を知った故人と縁のある方々が弔問されることを想定し、香典返しをあらかじめ自宅にご用意しておくことが必要です。

通常は20個くらいの個数をご用意しておりますが、エリアによっては50~100個のご用意が必要なケースもあります。

メモワールしらゆりでは豊富な実績がございますので、担当者までお気軽にご相談ください。

豊富な実績はこちら

以上が富山市の家族葬の特徴です。


ホームページのTOPへ戻る