富山市の家族葬について

「家族葬」とは、一般的には「少人数でとり行うお葬式」と認識されておりますが、基本的には小規模でありながらも、宗教的な儀礼(通夜・ご葬儀)を執り行う形式です。
(直葬(火葬のみ)では宗教的儀礼を行わないことがほとんどです。)

一般的なご葬儀とは異なり多くの会葬者に応対する必要がなく、基本的にはご家族を中心とした親族、親しいご友人などの少人数でゆっくりと故人を偲びながらおくることのできるご葬儀のことを言います。

さまざまな形式にとらわれず、故人にふさわしいおくり方ができるのも家族葬の特徴の一つと言えます。


メモワールしらゆりでは基本的な6つの家族葬プランもご用意させていただいておりますが、プラン外の家族葬もご要望に応じて対応させていただいております。

「祭壇を使用せずに棺のまわりをお花で囲んでおくってあげたい...。」、「足が不自由な父親にも車椅子のまま親族控室で最期のお別れをさせてあげたい...。」などといったお客様の声を大切にし、プランには無いオリジナルプランで、できる限りのお手伝いをさせていただいております。

家族葬では、費用も平均葬儀費用より安価に行うことが可能です。

メモワールしらゆりのオリジナル家族葬プランのページ


【富山市における家族葬の会葬者数】
富山市での家族葬に参列される平均人数は、各葬儀社で説明が異なっております。

富山市の葬儀社の多くはあくまで「家族だけでとり行うご葬儀・お葬式」としており、親族が会葬される場合は「親族葬」や「一般葬」と説明することが多くなっています。

「メモワールしらゆりの家族葬」とは、ご家族の気持ちを尊重し、参列人数や何親等かでは計れないものとして、「ご家族を中心としたごく親しい方々で見送るご葬儀・お葬式」と考えております。

メモワールしらゆりで承った富山市での家族葬の平均会葬者人数は、おおよそ10~30人となっています。


【富山市の家族葬の費用について】
こちらについても、富山市の葬儀社では各社で価格に大きく幅がございます。

富山市の家族葬は多くの場合、50万円前後からとなっており、おおむね富山市の平均葬儀費用163万円(出典:経済産業省「平成26年特定サービス産業実態調査」)の半分以下の負担で行うことが可能です。(但し、お布施は除く)

メモワールしらゆりの家族葬プランには、

火葬式のみ執り行う  直葬プラン  18万円(税別)~
控室で儀式を執り行う 密葬プラン  48万円(税別)~
式場で儀式を執り行う 家族葬プラン 70万円(税別)~

がございます。

⇒詳しくは「メモワールしらゆりの家族葬プラン費用」
 
⇒お布施に関する詳しい説明はこちらをクリックしてください。


【富山市の家族葬の現状のデメリット】
テレビ等のメディアの発信により「家族葬」という言葉だけが先行してしまい、独り歩きしているのが現状です。

何となく小規模であまり費用がかからないのが「家族葬」と認識されている方も多くおられます。

事前相談などでも「家族葬のデメリット」をご説明をさせていただくことがあります。それが次のようになります。

新聞のおくやみ欄の掲載も葬儀後に「葬儀は終了しました」と告知するため、それを見て知った故人とお付き合いがあった友人・知人、会社関係の方、ご近所の方などが自宅に弔問されることが多々あります。

結果、数日間は家を空けられない状態になることになります。

ご葬儀の費用面では、一般的なご葬儀と異なるのはご会葬者の「香典」が無いことです。

通常の一般葬においては、会葬者数が多くて「香典」でご葬儀費用を支払うことができたといったケースはよくあることですが、「家族葬」ではいわゆるプラスになる部分がないためにそういったことにはならず、かかる葬儀費用はすべてご当家のご負担となります。

「ご家族とごく親しい方々でおくる」場合、どこまでのご親戚にお声かけをするか、友人・知人のどこまでお声かけをするかでトラブルになることがあります。

ご葬儀終了後に新聞の告知「葬儀は終了しました」で知った方から、「何故、知らせてくれなかったのか?」と問われることがあることを何度かお聞きしたことがあります。

大切な方に声をかけなったことの後悔や申し訳なさもこの先ずっと残り続けますので、お声かけする範囲には充分配慮することが必要になります。

葬儀社によってもご葬儀のプランや費用やスタイルもさまざまです。

どのような会場でどのようなお式をするのかをイメージするためにも事前の見学や相談をしておくことをおすすめいたします。


【富山市の家族葬の注意点】
ご自宅にご安置する場合には、何らかのかたちで隣近所には必ず知れてしまうことになります。

弔いに来られる前に"家族葬"でおこなうことをあらかじめ、しきぶり(訃報案内)や口答でお知らせする必要があります。
参列をお断りする場合にはそのこともしっかりお伝えし、理解を得ることが必要です。

香典や供花や篭盛や弔電などをお断りする場合もその旨を文章や口答で意思を伝えることが必要です。

先方にとっても親切なことになります。
どちらつかずで先方が「弔問や香典はどうしたらいいのだろう?」と迷うような告知は避けなければなりません。

特に喪主となる方が会社勤めの場合、勤務先の会社を身内に不幸があり休暇を取ることから、必ず訃報の報告をしなければなりません。

ご葬儀後も毎日顔を合わせることになりますので、ご葬儀のスタイル・意思をしっかりと伝えることが必要となります。

ご葬儀を家族葬でおこなった翌日、新聞社各社に「葬儀は終了しました」と掲載する場合には、訃報を知った故人と縁のある方々が弔問されることを想定し、香典返しをあらかじめ自宅にご用意しておくことが必要です。

通常は20個くらいの個数をご用意しておりますが、エリアによっては50~100個のご用意が必要なケースもあります。

メモワールしらゆりでは豊富な実績がございますので、担当者までお気軽にご相談ください。

豊富な実績はこちら


【家族葬が選ばれる理由】
富山県全域におきましても、新聞のおくやみ欄(無料)に「葬儀は終了しました」と家族葬でご葬儀を執り行った後にお知らせするケースが増えてきております。

家族葬を選択される理由もさまざまございますが、

家族葬=一般的な葬儀よりも費用が軽減することができるイメージがあるから

医療技術の進歩と共に高齢化が進む中、高齢で亡くなった際、故人のご兄弟や友人知人が既に亡くなっているため、少人数での規模の葬儀になるから

喪主になる世代が現役を退かれ、会社関係などのお参りの人数も少ないことが予想されるため、少人数規模の葬儀になるから

家を継ぐという習慣が薄れ、長男であっても親と同居しておらず、近所との付き合いも無いため、親族・親戚のみの葬儀になるから

「残された家族に自分の葬儀で経済的負担をかけたくない。」、「親族の会社関係の方などに自分の葬儀で気を遣ってお参りをしていただくことが申し訳ない。」などといった故人の遺言があるから

などといった理由で選ばれる方が多いようです。

家族葬のメリットやデメリットも含め、選択される前に事前相談していただくことをおすすめしています。

当社ではお電話、メールフォームからの事前相談や資料請求も受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

メールフォームからの事前相談はこちら


【富山市の家族葬の割合】
富山市においても近年、家族葬の割合は増加傾向にあります。

公正取引委員会が全国の葬儀社を対象として調査した、2017年3月発行の『葬儀の取引に関する実態調査報告書』によると、

火葬のみ行う直葬が5.5%
家族葬が28.5%

計34%の割合結果が出ております。

そして月刊誌『仏事』を出版する鎌倉新書による2015年の調査でも、

火葬のみ行う直葬が5%
家族葬が38%

計43%の割合結果となっています。

付け加えますと、
公正取引委員会の調査では、会葬者数50人未満、鎌倉新書の調査では、会葬者数30人未満の葬儀を家族葬の定義としての数字です。

そしてこの調査結果は、全国の葬儀社を対象としたもので、東京などの対都市などではもっと比率が高いものと思われます。

富山市では、新聞のおくやみ欄(無料)で「葬儀は終了しました」と掲載されるご当家のほとんどがこの家族葬であると推測されますが、完全に掲載されないケースもあるため、富山市の正確な家族葬の割合はわかりませんが、
当メモワールしらゆりでは昨年から今年にかけて、

火葬のみ行う直葬が3.5%
家族葬が22.5%

計26%の割合という数字が出ております。

全国平均から比べるとまだ割合比率が低いようにも思われますが、今後も増加していくことが予測されます。


【富山市の最近の家族葬】
近年、ここ富山市においても、ご葬儀の選択肢の一つとして家族葬を選ばれるお宅が増えてきています。

一般葬、家族葬、それぞれにメリットとデメリットがございますので、どちらがいいというわけではないのですが、最近の社会事情も影響し、家族葬が増加傾向なのかとも思われます。

そんな中、家族葬自体も少しずつ変化しています。
基本的に富山市の家族葬は、新聞社のおくやみ欄掲載や道路看板などでのお知らせをせず、ご身内だけで行うものが一般的です。
ご当家だけの10名以下で行う家族葬もあれば、ご親戚の方をお招きし、30~40名規模で行う家族葬もあります。

いずれのケースでも、亡くなられた際は病院から会館に直接ご安置させていただくことがほとんどでした。

しかし最近では、新聞社のおくやみ欄掲載や道路看板などでの告知しないことは共通しているのですが、ご自宅にご安置し、町内の方々やごく親しい友人の方、喪主のお勤め先の会社の代表の方などにはお参りしていただくといったケースも増えてきています。

厳密に言うと『家族』葬ではないのでしょうが、これも時代の中から生まれた家族葬のスタイルの一つと言えるのではないでしょうか。

こういった場合、声をかける人とかけない人の境目をどうされるか、など慎重に考えなくてはいけないことはもちろんあります。

ただ、もともと家族葬に明確な決まりがあるわけではございません。当社では、故人様、ご家族の意向を最大限尊重するカタチで、これからも柔軟にご対応させていただきたいと思っております。

以上が富山市の家族葬の特徴です。


ホームページのTOPへ戻る