互助会にご入会中の方も「メモワールしらゆり」をご利用いただけます

「メモワールしらゆり」では、冠婚葬祭互助会に入会されている方が、それまでの積立金を生かして、当社のご葬儀プランをご利用いただけるようご支援しています。互助会で日頃から葬儀代金を積み立てることで、いざというときの出費を抑えられますが、必ずしも費用の総額が安くなるとは限りません。まずは、互助会を利用する上でのポイントを抑えておきましょう。

覚えておきたい互助会のポイント

積立金は葬儀費用の1~3割しかまかなえないことが多い
満期まで積み立てても、それで葬儀費用のすべてがまかなえるわけではありません。結局は、総額が積立金の3~10倍までふくれあがるケースがめずらしくないのです。なお、長期間積み立てても、利息は一切付きません。

積立金は途中で返金してもらえます
互助会を解約すれば、積立金は返してもらえます。解約時には手数料がかかりますが、金額は法律で定められています。高額な解約手数料が無効になった判例もあるので、すでに契約済みの方も、疑問があればぜひ「メモワールしらゆり」までご相談ください。

解約手数料を差し引いても、「メモワールしらゆり」のプランを利用した方がお得!
積立金を支払っている方も満期になった方も、絶対に互助会で葬儀しなければならない理由は、どこにもありません。ぜひ、他の葬儀サービスと比較した上で、ご自身が納得できる選択をするべきです。金銭的な面でも、互助会の解約手数料を差し引いても、「メモワールしらゆり」のプランを選んだほうが、総額を抑えられるケースがほとんど。積立金をスライドして、葬儀の代金に充当することも可能です。

事前に互助会を解約された方には、かかった解約手数料分の特別利用券をお渡しします。
特別利用券「メモワールしらゆり」でのご葬儀の際、特別利用券を提示していただければ金額を差し引きいたします。
※解約手数料を証明できる用紙をお持ち下さい。

互助会を解約し「メモワールしらゆり」で葬儀をあげた場合

互助会の解約手続きの方法

解約の流れステップ1 加入互助会に加入者本人又は家族が解約電話をする。
ステップ2 解約書類を送ってもらうか、解約する場所を確認する。
ステップ3 解約に必要な書類を確認する。 

解約に必要なもの会員証印鑑本人確認書類振り込み先の写し
※契約者が死亡及び行方不明の場合は、別途書類が必要です。詳しくは互助会担当者にご確認ください。

互助会の解約をご相談ください
互助会を解約するのに、本来、難しい手続きは必要ありません。ただし、互助会も営利企業ですから、お客様を離したくないあまりに、執拗に引き留められる可能性もあります。トラブルの予感がしたら、「メモワールしらゆり」までお気軽にご相談ください。 0120-478-365(24時間365日受付)
~互助会の解約などのトラブルのご相談先~
経済産業省 商務情報政策局 商取引監督課 TEL 03-3501-2302
中部経済産業局 消費経済課 TEL 052-951-2560
互助会は割賦販売法により経済産業大臣の許可を受けて営業しているため、こちらが窓口となります。
互助会オンブズマン TEL 06-6432-6770
中立的な立場で相談にのっていただけます。