亡くなった後の名前について

sigononamae.pngこんにちは、富山市の葬祭ホール メモワールしらゆりの高崎です。

ご葬儀の際、亡くなられた方におつけするお名前として「戒名」がございます。
位牌に書いてある長い漢字の名前のことです。

ここで戒名と言ったのは、一般的によく通った呼び名だからで、
日蓮宗では「法号」
そして富山県で多数を占める
浄土真宗では「法名」と言います。

本来なら生前にいただいておくお名前なのだそうですが、なかなかそういう機会も無く、多くの方がご葬儀の際に菩提寺の住職からつけてもらっています。

浄土真宗の葬儀では帰敬式(おかみそり)が行なわれ、剃刀(かみそり)を棺にあてて髪を剃る真似をします。
ご覧になられた方もいると思います。

戒名・法名・法号と呼び名が違うように、宗派によってもお名前のつけかたも異なります。

〇〇院△△☐☐居士といった長いものから、釋〇〇という非常にシンプルなものもあります。
これは宗派による違いであって、特に長い方がいいなどということはございません。

地域によってなのでしょうか、たまに戒名(法名・法号)料といったことをお聞きします。

富山で多い浄土真宗では、頭につく〇〇院という院号をつける場合、院号料が発生しますが、通常の法名の場合、別にお礼が必要になることはございません。

その他の宗派においても、ここ水橋やその近隣の滑川市・上市町・舟橋村などでそういったことを聞くことはありません。

お名前に使われる漢字ですが、基本的にはお経に使われている感じから取られます。
故人のお人柄を表したものや、生前の俗名から一文字を取ったりしたものが多いです。

次回は有名人や著名人の戒名(法名・法号)についてご紹介したいと思います。
使われている漢字を見ると、ああ、なるほど、と思いますよ。

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 高崎 顕一郎

"本日の折込みチラシ"をご覧ください。

raikannchirasiomote.png
raikannchirasiura.png
本日、新聞社各社に折込みチラシを入れさせていただきました。
経験してみなければわからい、知らないことだらけのお葬式。費用や段取りでお悩みの方がとても多くいらっしゃいます。
約80%以上のお客様が、ご葬儀・家族葬の事前相談来館・事前入会されています。(メモワールしらゆり実績)
ご葬儀の式中の時間帯以外に限りますが、式場や控室や会食会場などすべてのお部屋を見学していただくことが可能です。
只今、ご来館相談いただいた方全員に「葬儀優待券(メモリアルブーケ) 5,000円相当」と「葬儀割引カード 5,000円」の総額10,000円相当をプレゼントしております。
家族葬のプラン内容や費用のご相談など詳しくご説明・対応させていただきます。

・家族葬 直葬プラン(火葬式のみ)・・・18万円(税別)~
・家族葬 密葬プラン(控室のみ使用・15名様規模)・・・48万円(税別)~
・家族葬 シンプルプラン(20名様規模~)・・・70万円(税別)~

一例ではございますが、人数やご予算に合わせてお選びいただけるようにさまざまな家族葬プランをご用意させていただいております。当社のプランには、他社には含まれていないお料理・香典返し(返礼品)・引出物・マイクロバス・霊柩車などのすべてが含まれた総額プランとなっておりますので、追加金が無くご安心していただけます。

毎日、8:30~17:00まではいつでも営業しておりますが、その他の時間帯をご希望のお客様にもあらかじめご連絡をいただければご自由に見学することができます。
お気軽にご相談・ご来館ください。

▶【富山市の家族葬について】はこちら

メモワールしらゆり スタッフ一同

意外な仏教用語"食べ物"(その2)

youkann.pngこんにちは、富山市の葬祭ホール、メモワールしらゆりの高崎です。
前回ご紹介したように、お寺や僧侶の名前、精進料理など仏教由来のものは他にもございます。今回は第2弾ということでいくつか紹介させていただきます。

まずはご存知の方も多いと思いますが、「がんもどき」です。精進料理でおなじみですよね。
雁もどき、と当て字をすることからも分かるように、雁の肉料理に似せたものだと言われています。

僧侶の名前が由来となったものとしては、「タクアン」が知られています。
江戸時代、臨済宗の高僧、沢庵(たくあん)禅師が考案したとされています。徳川家光にこの漬物を献上したところ、その美味しさから「沢庵漬け」という名前を命名されたとのことです。

そして実は「羊羹(ようかん)」も、元をたどれば僧侶が日本に伝えたのが元になっています。
元々は字のごとく、羊の肉を使ったスープだったそうで、冷めると肉のゼラチン質が固まり、煮こごりになります。禅僧が日本に伝えたとされているのは、この料理です。この肉を使わない料理が後に羊羹と呼ばれるようになったそうですが、羊と何の関係もないのに羊の字が使われているのはそういう理由からなのです。

調べてみると、知らずに使っている仏教用語は本当にいろいろありますね。
葬儀とは直接関係はございませんが、これからもこんな豆知識を紹介していければと思います。

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 高崎 顕一郎

水橋みなと感謝祭

mizuhasiminatokannshasai.pngこんにちは、富山市の葬祭ホール、メモワールしらゆりの高崎です。
最近、天気がコロコロ変わり、晴れかと思えば雨になり、そしてまた晴れた日が続く、といった具合です。皆さま体調を崩したりしてませんでしょうか。
先日、ここ富山市水橋では、水橋漁港にて「水橋みなと感謝祭」が開催されました。あいにくの雨だったのですが、多くの方が来場され、悪天候を感じさせない賑わいでした。
たくさんの屋台や地元アーティストによるコンサート、ものまね芸人によるお笑いショーなどが行われ、皆さまとても楽しんでおられました。
富山市水橋を中心に仕事をさせていただいている立場としては、水橋を盛り上げるイベントの開催はとても楽しみです。
7/28(土)には150年祭水橋水神社「水橋橋まつり」が開催されます。富山県内でもいちばん花火を近くで感じられる花火大会だと思っています。もし機会がありましたら、是非足を運んでみてください。

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 高崎 顕一郎

臨機応変に対応できる司会者を目指します

seremoni-masuta-.pngメモワールしらゆりの川端です。
葬祭ディレクター1級になり、そろそろ半年になります。
納棺はまだ完璧とは言えないと思いますが、なんとか一人でできるようになってきました。
お通夜とご葬儀の司会も担当したいと思って練習中なのですが...、支配人には「半年くらいでできるように...。」と言われています。
メモワールしらゆりには司会や納棺を教えてくれる大先輩がいます。資料もいくつか貰いました。その資料のお通夜・ご葬儀の言い回しの文を読んでいるだけでも難しいです。
自宅などで声を出して練習しているのですが...、やっぱり『棒読みになってるよ。』とか『聞きとりにくい。』とか言われてしまいます。
自分でははっきりと声を出しているつもりなのですが、『聞きとりにくい。』とやはり言われます。
葬祭ディレクターの試験とは違って読むだけではダメ!と身に染みてわかりました。
とにかく最初のうちは定型文ですが、しっかりとした司会ができるようにまずは頑張っていこうと思っています。
そして臨機応変に対応できる司会者を目指していこうと思っています。

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 川端 敏和

意外な仏教用語"食べ物"

karupisu.pngこんにちは、富山市の葬祭ホール、メモワールしらゆりの高崎です。

先日、意外な仏教用語として、縁日のお話をさせていただいたのですが、思いのほか好評だったので、今日は食に関する意外な仏教用語について触れてみたいと思います。

普段馴染みのある食べ物の中には、その由来となった僧侶やお寺の名前がつけられたものがいくつかあります。

"けんちん汁"はその元となる料理を作ったとされる建長寺(けんちょうじ)がなまったものとされていたり、"インゲン豆"は、インゲン豆を日本に持ってきた明の禅僧、隠元(いんげん)禅師の名前が由来です。ちなみに隠元の命日である4月3日はインゲン豆の日になっています。

そして有名なところでは高野豆腐(こうやどうふ)がありますね。
真言宗の本山である、高野山金剛峰寺に由来するもので、冬場に高野山の僧が豆腐を置き忘れたことで偶然できたという説や空海が中国から伝えたという説があります。
富山では(おそらく他地域でも)高野豆腐と言われていますが、正式には凍(し)み豆腐というのだそうです。

さらに意外なものとして、"カルピス"も実は仏教由来の言葉です。
カルピスの生みの親である三島海雲(みしまかいうん)という方は元々お寺の息子さんでもありました。
そんな彼がモンゴルの飲み物であるアイラグ(牛乳を発酵させたもの)を参考にして作ったのがカルピスです。その名前の由来は、仏教用語で「醍醐味」を意味する『サルピスマンダ』と、牛乳に多く含まれている栄養素『カルシウム』を合わせて名付けられたそうです。

このように、仏教用語とは知らずに根付いている言葉はたくさんあります。また機会があればご紹介したいと思います。

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 高崎 顕一郎

先輩になって...

sennpaininatte.pngこんにちはメモワールしらゆりの三鍋です。
ブログにも載ってますが、今年になってから新入社員が入社し、私にもようやく後輩ができました。ご葬儀の現場に同行することもあり、仕事を教えることもあるわけですが、普段自分が普通にやっていることでも人に教えようとすると、なかなか伝えることが難しいということに気づきました。
以前に何かの研修でインプットするだけでなく、アウトプットして人に伝えて初めて自分のものになるという内容の話を聴いたことを思い出しました。自分自身に物事に対する深い理解がないと人に伝えることは出来ないということなのだろうと思います。今までの自分の理解は浅かったということに気づかされました。
やはり後輩が入ってくるといい刺激があるものですね。新しい社員も増え活気も出てきました。今後もみんなで力を合わせて頑張っていきたいです!

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 三鍋 一男

意外な仏教用語"縁日"

igainabukkyouyougo.pngこんにちは、メモワールしらゆりの高崎です。
今年の冬は全国的に大雪となりましたね。ここメモワールしらゆりのある富山でも、毎日除雪に悩まされてきましたが、いよいよ春本番。桜の美しい季節となりました。

富山の春といえばチンドンコンクール。プロアマ問わず、全国からチンドンマンが集まり、毎年盛り上がっています。

そんなお祭りにつきものなのが、屋台や露店が並ぶ"縁日"だと思いますが、実は元々仏教用語だということはご存知でしょうか?
読んで字のごとく、神仏と縁を結ぶ日とされており、縁日に参拝すると、より大きな功徳を得られると言われています。

今年のチンドンコンクールの最終日にあたる8日は、薬師如来の縁日でもあります。今年度も健康に過ごせるように参拝されてみてはいかがでしょうか?

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 高崎 顕一郎

法要を営む際の準備について

houyouwoitonamusainojyunnbinituite.pngこんにちは。メモワールしらゆりの鷲平です。
当社では回忌法要も承っておりますので、今回はご法要を営む際の準備についてお話させていただきます。
法要では僧侶に読経していただき、その後に会食の席を設け、僧侶と招待客をもてなします。四十九日や一周忌、三回忌などの節目の法要を営むときは、万全な準備が必要となります。できれば2ヶ月以上前から準備を始めるとよろしいと思います。
日時や会場、招待する方への案内、引出物の種類などを考え、予算の見積もりをします。不幸が重ならないようにといったことから、前回の法要と同内容にならないことの配慮も必要かもしれません。単に盛大にするのではなく、心のこもったおもてなしができるかが大切であると考えます。
参考にしていただけたら幸いです。

▶【法要料理・引出物について】はこちら

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 鷲平 巌

富山霊園富山市斎場(西番斎場)の式場・会館機能廃止のお知らせ

toyamareienntoyamasisaijyou.png富山市西番にあります火葬場:富山霊園富山市斎場(西番斎場)に併設された葬儀式場・法要会館の機能が平成30年3月31日をもって廃止されることとなりました。(富山市議会12月定例会におきまして、富山市斎場条例の改正に関する議案が可決されました。)
なお、現在の式場棟に待合スペースや多目的トイレ等を整備する改修工事が進められております。共用の開始時期は平成30年4月1日の予定となっております。

▶【富山市の斎場・火葬場について】はこちら

メモワールしらゆり スタッフ一同