初七日法要、回忌法要などに出席する場合、どれくらいの金額を包めばいいですか?

A出席される人数によって異なります
富山市での法要では、一般的に法要終了後に会食の席が設けられます。そして帰りの際には、1世帯に1セットの引出物がお礼として出席された方に渡されます。
会食の料理の費用は1人あたり6,000~10,000円、引出物は1セット5,000~10,000円の費用が主催する側の負担となります。(メモワールしらゆり施行実績より)
このようなことから出席される人数を考慮してお包みする必要があります。

あくまでも参考の金額となりますが、
出席人数が1人の場合:10,000~20,000円
出席人数が2人の場合:20,000~30,000円
出席人数が3人の場合:30,000円~
をお包みする方が多いようです。

お金を包む封筒ですが、富山市の法要では仏式の場合、初七日法要から黄白の水引きの封筒が一般的に用いられています。(他県などでは49日から黄白の水引きの封筒が用いられる場合もあります。)
仏式の場合、表書きには、封の上に「御霊前」「御佛前」「御仏前」と書き、その下に氏名を記入しておきます。※浄土真宗の場合は「御霊前」は用いません。

このご質問をご覧になった方へお勧めのページ
このご質問をご覧になった方へお勧めのページ
よくあるご質問一覧へ戻る