年賀欠礼の喪中はがきで初めて訃報を知った時、どうすればいいですか?

A寒中見舞い、喪中見舞いとしてお悔みの返事を出すことが多いです。
nenngaketureihagaki1.png11月~12月にかけて年賀欠礼の喪中はがきが届きます。 喪中はがきをいただいて初めて訃報を知るといったケースは少なくありません。
何年かに一度会うか合わないかくらいの間柄や年賀状のやりとりだけになっている間柄などがそのケースです。

富山県富山市の場合は、新聞のおくやみ欄(無料)掲載で訃報のお知らせをするのが一般的ですが、最近ではごく身内の人だけで行う家族葬のご葬儀も増えてきたことから、訃報を喪中はがきで知ることも徐々に増えつつあります。

そこで喪中はがきで訃報を知った時なのですが...
一般的には"寒中見舞い"として1/5~の1ケ月の間にお悔みの返事を出すことが望ましいとされていますが、不幸があったことを知り、1日でも早くお悔みを伝えたいという気持ちから"喪中見舞い"としてお悔みの返事を出すケースが最近では増えてきています。

親しい間柄の場合、どうすればいいのか?と考えるのが「香典」です。
故人のことを思ってくれる人がいるということは遺族にとっては嬉しいものです。
相手にあまり気を遣わせたくないといった場合は、お線香のセットやローソク・お香セットやアレンジ花などの少額のお供え物を送るのが望ましいかと思います。

もちろん「香典」を送るのも問題はありませんが、「香典」のお返しがあることが前提で送ります。



【喪中見舞い 文章例】

ご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございます。

このたびのお葉書で○○様のご訃報を知り、
存じ上げず失礼しましたことお詫び申し上げます。
○○様のご冥福を心よりお悔み申し上げます。
服喪中により、新年のご挨拶を控えさせていただきます。
□□様におかれましては、お身体に気をつけて
新しい年をお迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます。

平成○○年○○月○○日


お香典を送る場合には、

わずかではございますが ご香料を同封しましたので、
ご仏前にお供えくださいますようお願い申し上げます。

などの文を付け加えるのが望ましいかと思います。


よくあるご質問一覧へ戻る