お彼岸とお墓参り

ohiganhakamairi.pngまだ、1か月以上先のことですがお彼岸についてお話したいと思います。

今年の春のお彼岸は3月20日の春分の日を中日に3月17日が彼岸入り、3月23日を彼岸明けとなります。
その時期のテレビのニュースには、お墓参りの映像がよく使われています。
では、なぜお彼岸にお墓参りするのか?
彼岸という言葉は、もともとが仏教用語です。簡単に言えば『あの世』のことです。逆に此岸(しがん)という言葉もあるのですが『この世』ということです。
彼岸が西に此岸(しがん)が東にあるとされ、太陽が真東から昇って真西に沈む春分(秋分)は、彼岸と此岸(しがん)が最も通じやすくなると考えられ先祖供養されるようになったそうです。
ちなみに、来年の春分の日は3月21日です。(日にちは、国立天文台が毎年決めるそうです。)

メモワールしらゆりでは、お墓用の仏花、ローソクセットなどの販売もしております。お気軽にお問い合わせください。

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 三邉 智樹

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.m-shirayuri.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/308