報恩講(ほうおんこう)

houonnkou.png皆さんこんにちは、メモワールしらゆりの三鍋です。

皆さんは「報恩講」とはどういうものかご存知ですか?
「報恩講」という言葉は知っていたのですが、実は私も最近まで知りませんでした。

「報恩講」とは、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人の祥月命日に念仏の教えに生きた先達に思いをいたし、その恩徳に感謝し報いる法要のことだそうです。
ちなみに親鸞聖人のご命日は、旧暦の11月28日と言われているそうです。
明治時代に旧暦から新暦に変更されてその際、旧暦の11月28日は、新暦の1月16日に該当したため、以来、浄土真宗本願寺派の本山の京都の西本願寺では、1月16日に合わせて一週間(1月9日~1月16日まで)報恩講が勤められるそうです。

そして真宗大谷派のご本山である京都の東本願寺では、旧暦の11月28日に合わせて11月21日~28日に行われるそうです。

これからの時期はそれぞれのお寺でも報恩講が勤められますので皆さんもお参りされてみてはいかがでしょうか。 

メモワールしらゆり
セレモニーアドバイザー 三鍋 一男

PageTop

コメント (1)

bKctFXUWjMqZ

投稿者:BnSfxJTbswcQ2019年11月15日 19:01

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.m-shirayuri.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/449